背中 胸元 ニキビ

胸元のニキビをケアするには

胸元のニキビはあまり格好が良くないですよね。
ただ、この胸元のニキビというのはなかなか治らないものです。

 

そんな胸元のニキビは、「何故治らないか」を考えてやるとケアするのがとても簡単になります。
胸元の場合は主に「お肌のダメージ」が原因でニキビが発生してしまっているんです。

 

胸元というのは悲しいもので、よく露出されるところである割には顔と違って適当に洗われがちですし、逆にボディスポンジで強い力をかけられながら過剰なほどにしっかり現れる場合もあります。
そして適当にすすがれてあまりコンディションが良くない状態のまま放置されて、その後は衣服との摩擦との戦いで・・・。
こう考えると、胸元というのは「日常制圧からのケア」が重要なのだと分かります。

 

普段からいたわってやってお肌にあまりダメージを与えず、放置せずにしっかりと保湿クリームを塗ってあげたりして、寝るときもできるだけお肌に優しい物を着て、というのが胸元ニキビの原因を根本的から解決する方法なんです。
あまり薬に頼らず、「なぜできているか」を考えてやることが、胸元を含めニキビのケア方法ですよ。

大人ニキビ 化粧水

背中にできるニキビの原因は?

ニキビの元というものは多種多様なものですが、背中にできるニキビの原因というのはある程度決まっています。
それはどんなものかというと、主に「寝汗」「衣服、洗濯剤、柔軟剤との相性」「シャンプーなどとの相性」「食生活」「紫外線などの刺激」などがあるようです。

 

この内背中のニキビで悩んでいる人の多くは「寝汗」や「衣服、洗濯剤、柔軟剤との相性」が原因です。
これらは自分があまり気にしていない有為に状況が悪化してしまい、かつ背中という部位にできるニキビである以上、なかなか確認することが出来ないからです。

 

さて、そんな背中にできるニキビの原因を考えてみると、背中のニキビは「できるだけ清潔に、かつお肌にやさしいものを身につける」といった簡単な解決策があると分かります。
背中のニキビは他の部位に比べて治しやすいんです。
特に寝汗なんかは寝相が原因だったり布団の衛生状況が原因だったりしますから、とにかく身の回りにあるもの全てに気を払ってやるといいですね。

 

このように、背中にできるニキビの原因は主に「寝汗」「衣服、洗濯剤、柔軟剤との相性」となっています。

大人ニキビと思春期ニキビ

ニキビの主な原因は、皮脂が毛穴につまることです。すると、菌が繁殖し炎症を起こします。この状態がニキビです。

思春期ニキビや大人ニキビという言葉を聞いたことがあると思います。言葉通り思春期にできるのが思春期ニキビ、それ以降に出来るのが大人ニキビです。

できる時期が違うだけでなく、原因も異なります。 そのため、大人ニキビを治す化粧品で、それにあったケアをしなければいけません。

思春期には成長期なので、皮脂がたくさん分泌します。これが原因で出来るのが思春期ニキビです。Tゾーン(おでこや鼻筋)に出来やすいです。

大人ニキビも直接の原因は皮脂などによる毛穴のつまりです。しかし、皮脂を分泌する原因が違います。大人ニキビの場合は、ストレスや女性ホルモンの乱れ、肌の乾燥により皮脂が過剰に分泌します。Uゾーン(頬やアゴの周り)に出来やすいです。

思春期ニキビと比べて、大人ニキビは様々な要因があるので、適切なケアをすることが大切です。

ホルモンバランスとニキビ

ホルモンバランスの変化も大人ニキビができる原因の1つです。ホルモンバランスが変化することで、皮脂が過剰分泌します。そして、毛穴をふさぎ大人ニキビができます。

そのため、ホルモンバランスが変化する時期には大人ニキビができやすくなります。例えば、生理、妊娠、出産、季節の変わり目などにニキビができやすくなるのは、ホルモンバランスの変化によることが多いです。

このような時期にニキビができるなら、ホルモンバランスの変化を疑ってみると良いでしょう。

ホルモンバランスの変化により大人ニキビができるなら、ホルモンバランスを整えてあげることで、大人ニキビを治すことができます。バラの香りでホルモンバランスが整えられることが知られています。 そのようなニキビケアコスメもあるので試してみると良いでしょう。

更新履歴